フランスのル・キャップ・ダグドでフランス選手権が開催されます。海外からのチー ムはオーストラリア、日本、中国ほかヨーロッパから数カ国といった大会です。国際 ヨット連盟のグレードのつかない大会ですので、いつものように通信社に成績を流す ことはいたしませんが、日本選手の活躍を応援してくださる皆様に可能な限りです が、様子をお知らせしていきたいと思います。

ルキャップダグドは35年前からフランスが国をあげて再開発を進めてきたラングドッ クリシオン地方にあり、マリーナを中心に開発されたリゾートです。フランスは大統 領選挙が終わり、次の総選挙まで1ヶ月ほどですが、今週は学校も休みのホリデーの ようで、リゾート全体が混雑しています。

最悪なのは天気で、地中海にある低気圧の影響で雨模様です。寒くないので助かりま すが、毎日3レース、朝9時から海へ出るのは結構大変そうです。

大会全体の参加艇数などは初日の成績と合わせてお知らせします。

大会の開催場所:フランス、ラングドックルシオンのル・キャップダグド
マルセイユから西へ150キロのリゾートです。

大会の日程
5月8日 受付、プラクティスレース
5月9日ー12日 毎朝10時スタート、1日3レースを予定してい ますが、最高4レース行うかもしれません。4日間で最大12レースで、3レースで大 会は成立します。


8日のプラクティスレースは風が全くなく、
巨大な波だけが押し寄せるため、中止 になりました。


参加する日本チーム:

470級男子  2艇
三部 泰成 ・ 高村 幹治 (本田技研工業鈴鹿)
白石 潤一郎・柳川 祥一 (SPN)    470級女子 1隻
井嶋 千寿子 ・ 生田 真紀子 (東亜建設工業)

レーザー級  1隻
鈴木 國央  (日吉染業)

ヨーロッパ級    1隻
佐藤 麻衣子  (中部ガス)

ミストラル級男子  3隻
井上 幾郎  (関東自動車工業)
大石 隆太郎 (高岡総合プール)
上野 一也  (宮城県セーリング連盟)

ミストラル級女子 3隻
小菅 寧子 (高岡総合プール)
高木 未散  (サンクス東四国)
三森 絵里

レースが始まりましたら、レポートは下記のサイトに写真とともに掲載します。

http://www.marine.co.jp/aiko

文・写真:斉藤愛子

※本WEBページ掲載内容の無断転載を禁じます。


ホームページへ コンテンツへ インデックスへ